雪組次回本公演「ライラック」「パリ」で見えたこと

こんにちは、はるとです。

雪組の「蒼穹の昴」の次の本公演作品が発表されました。

詳しくは公式をご覧頂きたいのですが、すでにあらすじからいろいろ想像できちゃいます(笑)

謝先生の「ライラックの夢路」は19世紀のドイツの5人兄弟の話だそうです。

雪組の男5人といえば彩風・朝美・和希・縣・華世なんでしょうかね。異動してきた咲城が末弟か幼なじみか?

あわせて6人もいるところがさすが雪組!

そして夢白あやはおそらくエリーゼ。

ドイツの19世紀のエリーゼと言えばベートーベンの「エリーゼのために」が自然に思い浮かんでしまうのですが、果たしてベートーベンはまた出てくるんでしょうか?

「ジュエル・ド・パリ!!」の作/演出は「!!」が必ずついてしまう藤井 大介先生。

「彩風咲奈と夢白あやの新トップコンビ」「第109期初舞台生のお披露目公演」と、かなりおめでたいショーなので退団公演どころか、これで彩風は4作超え決定で5作、いや6作までは見えたのではないでしょうか!

それにしても彩風咲奈、「CITY HUNTER」で昭和の新宿から始まって「夢介」で江戸の日本、「蒼穹の昴」での中国までアジア漬けだったのが一気にヨーロッパへ旅立ちましたね!

これもオデッセイ号のおかげ?

ぜひ洋風美人の夢白のためにも5作目6作目も洋物でお願いいたします。



次回本公演の演目発表、意外に早かった!!



「ライラック」「パリ」

総合評価     ☆☆☆

華やかさ度    ☆☆☆

109期観たい度  ☆☆☆

路線充実度    ☆☆☆



ではまた劇場でお会いしましょう!



アクセスランキングに参加していますので面白かったら下記ボタンを
ぽちっとお願いします↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村