星組娘役事情 有沙 小桜 舞空

こんにちは、はるとです。

星組「ディミトリ」公演再開おめでとうございます。

花・月・雪まできて、各組の娘役事情の今日はその星組。


星組の娘役の特徴は現在の礼・舞空の長期体制の下での「幅広げ」でしょうか。


まずは上級生コンビの紹介

星組はトップ娘役の舞空瞳(102期)の上級生が珍しくヒロインとして活躍中です。
昨年音波みのり(91期)が卒業してしまってもまだ2人が現役ヒロイン。

「外箱3分割」を考えるとヒロインはトップも含めて3人必要だから。

有沙瞳(98期)  新公2回 バウ2回 東上3回
小桜ほのか(99期) 新公1回 バウ1回 東上1回

有沙は最後が2021/7「マノン」
小桜は2022/9「ベアタベアトリクス」

この2つの間の外箱は2022/2「ジェントルライアー」
ヒロインは破線下でしたが3人で、音波みのり(休演のため紫りら)・小桜ほのか・詩ちづるでした。

今度の外箱の2023/3「赤と黒」には有沙瞳・小桜ほのか・瑠璃花夏・詩ちづるが出演しますが配役未定で破線上の発表もありません。

とにかくこの有沙瞳と小桜ほのかの上級生2人が今までの外箱ヒロインの中心でした。


そしてトップの舞空瞳を挟んで新人公演ヒロインがその下に4人。

水乃ゆり (102期) 2019/1「エルベ」
瑠璃花夏 (103期) 2021/9「柳生」
詩ちづる (105期) 2022/6 「めぐり会い」
藍羽ひより(107期) 2022/11 「ディミトリ」

新人公演ヒロインを量産中です。


その結果、現在は上級生2人+舞空+新公4人という「幅広い」娘役ヒロイン層になってきました。

そしてしばらく舞空の時代が続きそうな中で、外箱ヒロインはいよいよ上級生2人中心から新公4人に変わってくると思います。


本命は「ジェントルライアー」破線下トリプルヒロインで一歩リードの詩ちづる。

ストーリー的には最後に瀬央ゆりあと結ばれていました。

しかし、先日スカイステージでやっていた「ディミトリ」の新人公演ダイジェストとインタビューを見たら、藍羽ひよりも研2にしてはヒロインらしい雰囲気を持っていて期待できそう。

この二人が中心になってくるんでしょうか。

次は東京の「ディミトリ」新人公演とその後「赤と黒」の配役発表があります。


礼・舞空コンビは「眩耀」「ロミジュリ」「柳生」「めぐり会い」「ディミトリ」で5作目通過。

「1789」はオランプがヒロインになりそうですが、仮に10作やるとしたらあと新人公演が5作、外箱が4作あります。

3年後には上級生2人はあてにはできず、舞空卒業後の「バウヒロ以上3人体制」+「バウ東上済みトップ娘役」を作るのが間に合うかどうか、特に外箱はギリギリです!

もし間に合わなければ誰かヒロインを連れてこないといけません。

とても輸出する余裕はない。


ちなみに2010年に蒼乃夕妃は星組から月組に組替えしてトップになり、2017年は真彩季帆が雪組に組替え後しばらくして雪トップ、同じ年に天彩峰里も宙組に組替えしていて6年たっていよいよトップに?


以上です。


「星娘」

総合評価         ☆☆☆

暁千星の相手は詩?    ☆☆☆
極美慎の相手は藍羽?   ☆☆☆
そんな先までわからない? ☆


ではまた劇場でお会いしましょう!




アクセスランキングに参加していますので下記ボタンを
ぽちっとお願いします↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村