月組新人公演 きよら羽龍vs花妃舞音

こんにちは、はるとです。

先日月組「ギャツビー」の新人公演その他の配役が出ました。

ギャツビー月城を雪組から異動してきた彩海せら、デイジー海乃をきよら羽龍が新人公演でやるのはすでに発表されていて、今回はやっとその他の配役が公演日の変更とともに発表されました。

本公演のお稽古と共に代役のお稽古を仕上げる必要があり、さらに月組はなぜか新人公演の配役の発表が遅いので、生徒さん達も新人公演のお稽古をする時間が少なくて大変だと思います。

でも主役の2人は大丈夫(笑)

彩海せらは「ブエノスアイレスの風」で昔真風涼帆がやっていたマルセーロ役(不良少年)がよかったし、きよら羽龍も風間柚乃主演バウ公演「LOVE AND THAT JAZZ」の正式ヒロインまでやっていて、もう2人ともうまいのはわかってます!

ちなみに本役では彩海せらはデイジー海乃のいとこエディ・ニコルソン役、きよら羽龍はデイジー海乃の妹ジュディ・フェイ役です。

そのきよらジュディ・フェイ役を新人公演でやるのが花妃舞音。

私が花妃舞音をはじめて知ったのは去年の博多座「川霧の橋」でした。

「お君」という女中の役でしたが、「そっちじゃないのに~」と言う普通のセリフが非常に印象的でよく覚えていました。

それがいきなり「ロマンス劇場」新人公演主演でびっくり。

そして「ブエノスアイレスの風」で演技力抜群の水瀬千秋が昔やったリリアナ役を難なくこなしてしまいまたびっくり。

これは私の個人的な考えなのですが、宝塚は大きなチャンスを3回つかまないとトップになれないと思っています。

それが花妃舞音はここまでの3回の公演で続けて3回チャンスをつかんでしまったのではないかと思います。

まだ研3で、「ピガール狂騒曲」で初舞台、「桜嵐記」「川霧の橋」「ロマンス劇場」「ブエノスアイレスの風」の合計5公演しかでてないのに3回もチャンスをつかんでしまった!

新人公演なので花妃舞音はきっと本役のきよら羽龍をお手本にそっくり演じるのだと思いますが、花妃舞音の声はとても特徴があって、きよら羽龍と全然印象が変わってしまうかもしれません。

この「ギャツビー」のデイジーの妹ジュディ・フェイ役、昔はメガネをかけた羽咲まながちょっとくせのある妹役を演じていたのですが、今回2人はやはりメガネをかけるのでしょうかね。

「きよら羽龍vs花妃舞音」

総合評価 ☆☆☆

二人とも育って欲しい度 ☆☆☆

娘役はすぐ育ってしまう度 ☆☆☆

でもそうすると

他の組にいってしまう度 ☆☆☆

ではまた劇場でお会いしましょう!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


アクセスランキングに参加していますので面白かったら下記ボタンを
ぽちっとお願いします↓↓↓

PVアクセスランキング にほんブログ村