花組「鴛鴦歌合戦」から何も読めない人事

こんにちは、はるとです。

本日は怒涛の花組ニュースに翻弄される一日となりました。

順番に見ていきたいと思います。


「新人公演その他配役決定」
若手ファンにはとっても重要な発表ですが、特に娘役が星空を愛蘭・美羽を初音・詩希を星空・朝葉を美羽・糸月を湖春とあえて学年・順列を完全にシャッフルしたような感じなのはすべて「七彩はづきのため?」
研一108期纒涼の「(新人公演)ガイド」が何なのか楽しみ。


「公演グッズ扇の販売」
前のブログで触れたので読んで頂きたいのですが、「振付の案内チラシ」は初物。どうしてこれを作る必要があったのか。
イラストがちょっと笑えます。
最後の「拍手」は扇を持ったままなのか?


(宝塚ポケット)「キャストボイス」
最後に柚香光・星風まどか登場。ネタバレぎりぎりだけど柚香の箇条書きが内容がよく分かって楽しみですね。
最近「キャストボイス」は宝塚ポケットでしか見られませんので宝塚ポケットを入れるしかないですね!

そして問題の「鴛鴦歌合戦」「GRAND MIRAGE」
発表時期は最後の予想通りだったけど、海外ミュージカルでもなく誰かの卒業公演でもなく「和もの」でした!

思えば柚香光、意外に和ものが多く
「はいからさん」(和もの)
「アウグストゥス」
「元禄バロック」(和もの)
「巡礼」
「うたかた」
「鴛鴦歌合戦」(和もの)

まあ、和ものと言っても「青天」(髪を剃って頭頂が青くなった髪型)ではなく「浪人」(長髪)なので、青天は柚香光には似合わないので、まあよかったかな、と。
そして多分誰も死なない話。だから誰も退団しない?

「GRAND MIRAGE」は日本語で言うと「大きな蜃気楼」なんでしょうか。
一切人事の匂いがしないタイトルですねえ。


今回の発表で見えたのは…

「人事は何も起こらない」ことでしょうか。

組替えはないとは言えませんが、退団はタイトルや内容から番手内は誰もない。

つまり柚香・星風はともかく、水美の退団もなく

柚香→水美→永久輝の流れになる。

劇団はこれが言いたくて、あえて「人事っぽい作品」を避けたのでは?


ただし「鴛鴦歌合戦の次」はおそらく「洋物」で、このまま海外公演等ができなければ、外箱は野球場やアリーナが比較的空いていてコンサート会場が自由に選べる11月~12月、本公演は年末年始のスケジュールの影響を受けない「2024年大劇場2つ目の日程」になります。


「2023年スケジュール」

総合評価      ☆☆☆

2024年「ベルばら」 ☆☆
2024年「大運動会」 ☆☆☆
2025年「大阪万博」 ☆☆☆


ではまた劇場でお会いしましょう!




アクセスランキングに参加していますので面白かったら下記ボタンを
ぽちっとお願いします↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村