スカイステージのプレゼントがほぼ当たる理由

こんにちは、はるとです。

今、宝塚スカイステージ開局20周年の「Thank you、I need you」にちなんで「オリジナルツイリー」を「39120人(サンキューアイニジュウ)」にプレゼントしてます。

「39120人」って当たりそうですよね(笑)

私は特に欲しくないのですが、では宝塚スカイステージってどのくらい加入者がいるのかネットで調べてみました。

ありました。

ちょっと古いけど「スカイステージwiki」によると2009年で5万世帯だそうです。

ということは現在はかなり増えていると思うので7万~10万世帯くらい?

仮に8万世帯だとすると「39120人」は半分の人が当たります。

ちなみに「ツイリー」とは「(主にエルメスから販売されている)細く作られたスカーフ」だそうです。

9月18日の宙組貸切ご招待も2550名だからもしかしたら当たるかもしれませんよ。

それにしても大盤振る舞いですよね。

というのが、スカイステージは大事な収入源。

だから「オリジナルツイリー」は応募した人には全員に当てたいくらいのプレゼント?

スカイステージをスカパーで契約すると毎月3400円、年間で4万円。

4万円全部が宝塚に入るわけではないので、年間で3万円だとして8万世帯で24億円。

では次に宝塚の年間収入を考えると、観客動員数は2019年が320万人なのでチケット収入はだいたい200億円くらい。

仮に250億円だとします。

チケット収入250億円からみるとスカイステージの24億円はたった1割だけどチケット以外の最大の収入源。

ではスカイステージ以外の収入源を考えてみましょう。

「ライブ中継」と「ネット配信」は延びていて、映画館のライブ中継年間10万人と自宅で観れるネット配信20万人を見積もると売上10億円くらいですが、何割かは映画館や配信会社に持っていかれてます。

「ブルーレイ」はふるさと納税なんかもあって10万枚くらい、つまり売上10億円いってたりするかもしれませんがスカイステージの録画とバッティング。

映画でいうと映画館の封切りとブルーレイ販売とネット配信のような感じ。

みなさんが必ず買う「公演プログラム」も、本公演1作につき100回上演して20万人動員していてもせいぜい買われるのは5万冊、年間で本公演9作と地方公演9作等も合わせて数十万冊買われたとしても4億~5億円。

大劇場内のレストランやお土産屋さんで2000人が1000円使って1日200万円。

でも年間で数億円は売り上げてますよね。

他にも「舞台写真」、「歌劇」や「グラフ」があるけどそれぞれ3億円程度かな。

つまりざっくり250億円のチケット収入をメインに、その他の商品で100億円稼ぐのが目標。

その他の商品100億円のうち、スカイステージで24億円稼いでいます。

合計350億円。

ファンが何万人いるかは次回に譲るとして、350億円をみんなでがんばって支えましょう!

「スカイステージ」

総合評価 ☆☆☆

録画しても観るのが追い付かない度  ☆

宝塚ニュースだけは観るようになる度 ☆☆

そうやって知らない間に宝塚を支える度   ☆☆☆

ではまた劇場で会いましょう!    

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


アクセスランキングに参加していますので面白かったら下記ボタンを
ぽちっとお願いします↓↓↓

PVアクセスランキング にほんブログ村