真風涼帆はなぜ退団しないのか

こんにちは、はるとです。

私は別に真風涼帆さんに退団してもらいたいわけではありませんが、どうして退団されないのかをじっくり真剣に考えてみたいと思います。

真風さんが退団しない理由は以下の4つが考えられます。

①「退団できない」
現在の宙男役の路線の誰かに退団者がでるのではないかという可能性。

チケットを考えると更に真風が退団すると痛い。
次回「HIGH&LOW」のポスターには路線が全員出ていますがこれは偶然ではないのかも?

辞める路線も大作で辞めたいですよね。
桜木みなと悲願の東上作品「カルトワイン」千秋楽が7月7日でその翌週には集合しますから、もしこれが本当ならその時にわかります。

②「退団したくない」
トップスターは退団後すぐ外の世界で活躍したがりますが、現実はもっと厳しい状況が待ってたりします。
あるいは生徒自身がファン出身でファン時代があり、少しでもこの世界に長くいたい気持ちはファンのあなたならわかりますよね。

もし2番手も長くいたかったら?
もし劇団も真風と芹香にいてほしかったら?
ずっと退団せずに理事になるなんてうわさもあります。

早く上に行きたい和希そらは逃がしたし。

③「退団するけど遅れてる」
やはりコロナの影響。
EXILE系との提携の「FLY WITH ME」「HIGH&LOW」は宝塚としても超大型の外部提携。おそらく何年も前から模索していたわけで、自前の「ネバーセイ」を予定外で入れて上演時期を調整し、コロナ直撃を避けた可能性も。

望海風斗や珠城りょうの退団がコロナの影響を強く受けたことも記憶に新しいですよね。
外部提携作品の公演中止は絶対避けたかったのでコロナ対応への体制に自信が持てるまで引っ張った。

④「予定どおりの退団」
来年2023年1月で宙組は創設25周年。

ここまで「ネバーセイ」「FLY WITH ME」「HIGH&LOW」で順調に真風の退団も盛り上げている。

他の組が100周年とか言ってる中で、一番新しい宙組は伝統を重んじる宝塚の中では改革担当組。
新しい異例な事をやるとしたら宙組。
長期娘トップ花總まりや大空祐飛の三段跳びも宙組。

なによりも一番ファンがうるさくない(笑)

なぜ真風涼帆は退団しないのか。

それは早ければ来週、遅くても来年にはわかります。

「なぜ真風涼帆は退団しないのか」

総合評価

理由①「退団できない」 ☆☆

理由②「退団したくない」☆☆

理由③「遅れている」  ☆☆

理由④「予定どおり」  ☆☆

理由①②③④全部    ☆☆☆

ではまた劇場でお会いしましょう!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


アクセスランキングに参加していますので面白かったら下記ボタンを
ぽちっとお願いします↓↓↓

PVアクセスランキング にほんブログ村